スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
砂糖には、ドラッグと同じような中毒性が!
高脂肪で砂糖をたっぷり使っている食べ物には、ドラッグと同じような中毒性があったことが科学的に証明されたそうです。

以下、Girls Xより抜粋

クッキーを食べると脳が快感!ドラッグと同じ中毒性が明らかに

甘くて美味しいクッキー。疲れたときや口さびしいときなどに食べると、ついつい手が止まらなくなりますよね。
そんな高脂肪で砂糖をたっぷり使っている食べ物には、ドラッグと同じような中毒性があったことが科学的に証明された、というセンセーショナルなニュースが報道されました。

■クッキーが愉快な気分をアップ
アメリカのコネチカット・カレッジの教授と学生が研究、発表した内容によると、クッキーの『オレオ』を研究用のラットに与えたところ、コカインやモルヒネを与えたときと同じような興奮状態になったことがわかったのです。
また脳が楽しいと感じる快楽中枢の神経を、『オレオ』がドラッグよりもさらに活発化させていることも明らかとなりました。

■ドラッグと同様の中毒性
研究は、一方に『オレオ』を、もう一方には餅を置いた迷路に空腹状態のラットを放ち、どちらに長くとどまっているかを計測。すると、圧倒的に『オレオ』に滞在する時間が長いという結果になったのです。
同様に、一方にコカインを、もう一方に食塩水を置いて試しても、同じように中毒性のあるコカインに長く滞在し、『オレオ』を与えた場合はコカインの場合と同じような興奮状態であったことがわかりました。

■『オレオ』以外のお菓子にも気をつけて
この研究から研究員たちの「高脂肪で砂糖を多く使っている食べ物は、ドラッグと同じように私たちの脳を刺激している」という仮説を科学的に証明するひとつの結果となりました。
アメリカで『オレオ』は味の種類も豊富にあり、クッキーからアイスクリームまでそのバリエーションもさまざまに揃っており、日本以上に人気のあるお菓子です。
今回の調査では高脂肪で砂糖を多く使っている食べ物の代表として、『オレオ』を使って行われましたが、同じように砂糖をたっぷり使っているクッキーなどのお菓子は、同様の中毒性があろうことは容易に想像できます。

言われてみれば納得。でもちょっとショッキングなこの事実。テレビを見ながら、仕事をしながらなど、何かをしながら食べていると、止まらなくなってしまうお菓子の中毒的魅力。今後はそのことを理解した上で、決めた分量以上に手を伸ばしてしまわないよう、自分をいましめなければいけませんね。


最近、休肝日を作り、1日お酒を飲んだら3日は空けるようにしているのですが、なぜか甘いものが欲しくなるのはこのせいなのかも・・・
スポンサーサイト
[2013/11/25 20:27 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<「半沢直樹」は中国でも人気 | ホーム | サラリーマンを辞めて独立するって>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://magokoroyachiyo.blog.fc2.com/tb.php/51-a57e861f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。