スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
体の具合が悪くなり、人に助けを求めるとき
街で歩いているときで、急に具合が悪くなり、歩けなくなった時、
効果的な、助けを求める方法があります。

それは、ただ「助けて」と叫ぶよりも、助けを求めたい人を
指でさして「そこの青いジャケットを着た男の方、具合が悪いのです、救急車を呼んでください」
と具体的に助けてもらいたい人を特定します。

そうすることで、その彼は、緊急援助が必要で、援助する必要が誰よりも自分にあることを
認識し、助けの行動をとりやすくなります。

人は、誰かがうずくまったりしていても、その状態が危機的状況なのかを確信できない、
または、人が多くいる場合、「誰かが助ける」と思ってしまい、行動しない場合が
多いそうです。

ご参考に。

参考本「影響力の武器」
スポンサーサイト
[2011/12/16 13:41 ] | お役立ち | コメント(0) | トラックバック(0)
<<八千代市が、女性消防団員の募集をするそうです | ホーム | 八千代市の12月休日当番医>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://magokoroyachiyo.blog.fc2.com/tb.php/5-d1fc99ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。